背骨の土台である骨盤(仙骨)。傾きや開きなど骨盤のゆがみが別の病気を呼び込みます。鍛錬を重ねた熟練した手技で骨盤のゆがみをリセットします。腰痛よ!さようなら!

すずき接骨院 予約優先・急患対応・往診相談…042-323-5276


前へ
次へ
本日の予約状況

すずき接骨院の骨盤矯正

骨盤と骨盤矯正について

身体の中心 骨盤と仙骨

骨盤は、身体を支える背骨と大腿骨の間にあります。
上半身と下半身をつなぐ重量な役割とともに、生殖器や内臓を保持し守る役割も果たしています。

骨盤は、位置的にも身体の中心となり、骨盤を中心とした骨格、また骨盤と臓器のバランスの崩れは全身の不調につながります。

すずき接骨院は、国分寺の地に開院直後より、この骨盤に着眼し、その中心となる仙骨についてまず「JRC仙骨矯正」を習得しました。

JRC仙骨矯正は関節可動回復矯正とも言い、関節運動学に基いた、「関節の遊び、関節面の滑り、回転、回旋などの関節包内運動の異常を治療する方法」です。

JRC仙骨矯正については、その解説、施術について専用ページを用意しております。「仙骨矯正ページ」をご覧ください。

並行して骨盤を構成する先の「仙骨(せんこつ)」以外の骨、「腸骨(ちょうこつ)」、「恥骨(ちこつ)」、「座骨(ざこつ)」についてその役割を学びなおし、位置のズレに関する施術を習得しました。

妊娠出産により、広がった骨盤を妊娠前に戻す「産後の骨盤矯正」もこの位置のズレを戻す施術になります。産後の骨盤矯正についても、専用ページを用意しました。詳しくは「産後の骨盤矯正ページ」をご覧ください。

↑ このページの先頭へ ← 直前のページへ移動

骨盤が守っているもの

仙骨(せんこつ)

仙骨は背骨の真下あたる腰骨(こしぼね)と恥骨(ちこつ)をつないでいます。
骨盤の中心に位置し、仙骨に歪みやズレが生ずるとさまざまな不調が身体を襲うとされています。

仙骨が背骨の土台となっているため、歪みやズレが生じると必然的に背骨もズレてしまいます。また女性の場合、仙骨の目の前に位置する「子宮」、「卵巣」にも影響を与えるとされています。

腰骨(こしぼね)

腰骨(こしぼね)は、正面から見ると翼を広げたような形状をしつつ、器のような役割を持ち、腹部内臓、具体的には大腸(だいちょう)、膀胱(ぼうこう)、子宮(しきゅう)、卵巣(らんそう)などを守っています。

恥骨(ちこつ)

恥骨は骨盤の中では、最前面に位置し、自分で触って確認することができます。

妊娠や出産をした女性のうち恥骨に痛みを感じる方がいらっしゃれば、それは恥骨のズレが原因と考えて間違えありません。

坐骨(ざこつ)

坐骨は、骨盤を構成する骨の内、いちばん下に位置しています。

坐骨という名前の通り、床に座ったとき座面に接触している骨です。座ったときの姿勢を安定させるため、台座としての役割を持ち、その上の仙骨を安定させ、背骨の安定から上半身全体を支える役割を持ちます。

↑ このページの先頭へ ← 直前のページへ移動

受付時間

受付時間 平日 午前8:30-12:30 午後15:30-19-30 土曜 午前8:30-12:30 午後1:00(予約矯正)
週間受付カレンダー
本日の予約状況

東京都国分寺市「すずき接骨院」では、患者さまのご来院から施術開始までの待ち時間を極力少なくし、またひとりひとりの患者さまをしっかりと治療するするため、「予約優先」とさせて頂いております。
ご来院の際には、お気軽にお電話下さい。

院前に3台(うち2台屋根付き)の駐車場を完備しており、お車での通院にもとても便利です。

施術のご予約はお電話で

このページの先頭へ

GoogleMap

国分寺市すずき接骨院オフィシャルブログ
facebook すずき接骨院